爺のカクラン

佐藤大雄様・美樹奥様のお蔭で
いまこうしてブログを綴れています。
お二人に感謝を捧げて。

12日、北九州市からやって来てくださった
佐藤様ご夫妻と歓談中、
突然激しい頭痛に襲われ意識混濁。
美樹奥様のお手配にて救急搬送されました。

いままで記憶が抜けるという経験はありませんでした。
もちろん全身麻酔は別として。
痛みや苦しさに耐える馬鹿馬鹿しい矜持を
内心ほくそ笑んでいたきらいがありました。
なのに、そんな矜持はどこへやら。
救急車のストレッチャーから
病院のそれへ移されるまでしか記憶がありません。
目覚めたら点滴管につながれてベットの上でした。
CTスキャンもレントゲンの結果も脳に異常はないそうです。
ところが、そうした検査をした記憶がありません。
検査中はおしゃべりしていたというのに。

2年前、尿閉を経験して前立腺肥大と診断され、
以来、治療薬を服用しています。
今回のことで知ったのですが、排尿後血圧が突発的に上がるのです。
12日はそれが爆発的に訪れたらしく240超えの高血圧になっていました。
それが記憶の抜けた原因なのでしょう。

けどね、すごく楽しくも思えています。
カッコつけていたって、いざとなれば気絶出来る。
堪え難いと記憶も無くなる。
うまい具合にプログラムされているものだ。
ようやく爺になれた。
肩の荷が軽減した感があります。

皆様、くれぐれ、お体ご自愛のほど。


スポンサーサイト

寒いなぁ

更新をひと月怠っていたらしい。
ブログに大きな広告が表れたので気がついた。
格別に書くことなんて無いんだよな。
寒い。
太陽が出ていれば、光に救われるけど、
雲に覆われた途端、寒気がやって来る。
風花が舞ったりする。
蓑毛。丹沢山塊、大山の中腹。

試作は続けているけれど、
未だご紹介するほどの成果は無し。
帯状の広告を消すためだけの投稿。
もうじき窯焚きをする予定。
今度は発表出来ると嬉しいのだがね。

あけましておめでとうございます


是真に唸る。



今日は東京西荻・伊勢屋美術さんへ作品の搬出へ行きました。
で画像は伊勢屋美術・猪鼻徳壽さんから
古典漆絵の説明を聞いているところです。
幕末から明治にかけて活躍した
漆作家・柴田是真さんの超絶技巧漆作品に
舌を巻いている以織です。
作品の画像は残念ながら、まだ許可がおりません。
それほどスゴイ!ものでした。

とにもかくにも、昔の工人には頭がさがります。

ありがとうございました。



12月4日をもちまして東京西荻、
伊勢屋美術・ギャラリー壽庵にて開催の
「以織窯一門展」は終了いたしました。
期間中いらっしゃってくださった大勢の皆々様に
以織窯一門、感謝を捧げます。
「ありがとうございました」

画像はカメラマンの坂中雄記さんが
会期中、壽庵にて以織を撮ってくださったものです。
プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR