友あり、遠方より来たりて

いやぁ、楽しかったです。
久しぶりでした。心が軽くなりました。
感謝を込めて「ありがとう」。

昨日は夜遅くまで親しい友の来訪でした。
今日の仕事を終えたので、こうして書くことができます。

昨日のもう夕方になって電話がなりました。
これから蓑毛へ向かうとのこと。
早速ネットで天候を調べたら、出発地点からすでに豪雨の真っ最中。
天気現況が紫色に塗られています。
ともかくも無事に着いてホッとした次第。

今秋の銀座三越イベントへの打ち合わせ。
拙作を使用して企画してくださるとのことに。
仕事の中身は近づいたらご案内いたします。

蓑毛の住人は近頃とんとよその方とお会いしません。
小生の体調不良もプラスして密やかな毎日を送っています。
久方ぶりの友の来訪に皆ウキウキ時間を過ごせました。
まして教養深くして、その上、話し上手な友のこと、
夜が更けるまでお引き止めしてしまいました。

コツコツと日々の作陶に打ち込んでいると、
そしてまた、成果の上がらぬ実験結果に耐え続けていると、
ささやかな自負もあります。
けど、こうして理解してくださる友の存在は支えです。

「徳さん、本当にありがとう」
友とは東京西荻、伊勢屋美術店主・猪鼻徳壽氏その人です。


スポンサーサイト

超古代のナイフを見てきました。



いやぁ、暑いさなかだったけど、思いきって行きました。
2万5千年前の石器を見に。
コフクも連れて女房と姉さんと久しぶりの外出です。
と言うと大げさです。
1.5キロほど下った場所が第二東名の工事現場になっています。
ところで、この辺りは掘れば遺跡だらけ。
なので工事前の発掘の真っ最中というわけです。
ここは蓑毛小林遺跡と名付けられています。
なんと2万5千年も前から縄文時代へと続く遺跡なのです。
そこで今日見学会が行われたのです。

ともかくも関東地方の旧石器遺跡としては最古クラス。
学問的に貴重で学会で有名になりつつあるんですって。
炎天下、随分と大勢の見学者が訪れていました。
人数が多すぎるので、
我ら見学者等は3班に分かれて詳しい説明を聞くことになりました。
考古学者の皆さん、ありがとうございました。

詳しいことは
このURL
でお読みくださいな。

コフク、怖がるかと思いきや意外と落ち着いていました。

爺のカクラン

佐藤大雄様・美樹奥様のお蔭で
いまこうしてブログを綴れています。
お二人に感謝を捧げて。

12日、北九州市からやって来てくださった
佐藤様ご夫妻と歓談中、
突然激しい頭痛に襲われ意識混濁。
美樹奥様のお手配にて救急搬送されました。

いままで記憶が抜けるという経験はありませんでした。
もちろん全身麻酔は別として。
痛みや苦しさに耐える馬鹿馬鹿しい矜持を
内心ほくそ笑んでいたきらいがありました。
なのに、そんな矜持はどこへやら。
救急車のストレッチャーから
病院のそれへ移されるまでしか記憶がありません。
目覚めたら点滴管につながれてベットの上でした。
CTスキャンもレントゲンの結果も脳に異常はないそうです。
ところが、そうした検査をした記憶がありません。
検査中はおしゃべりしていたというのに。

2年前、尿閉を経験して前立腺肥大と診断され、
以来、治療薬を服用しています。
今回のことで知ったのですが、排尿後血圧が突発的に上がるのです。
12日はそれが爆発的に訪れたらしく240超えの高血圧になっていました。
それが記憶の抜けた原因なのでしょう。

けどね、すごく楽しくも思えています。
カッコつけていたって、いざとなれば気絶出来る。
堪え難いと記憶も無くなる。
うまい具合にプログラムされているものだ。
ようやく爺になれた。
肩の荷が軽減した感があります。

皆様、くれぐれ、お体ご自愛のほど。


寒いなぁ

更新をひと月怠っていたらしい。
ブログに大きな広告が表れたので気がついた。
格別に書くことなんて無いんだよな。
寒い。
太陽が出ていれば、光に救われるけど、
雲に覆われた途端、寒気がやって来る。
風花が舞ったりする。
蓑毛。丹沢山塊、大山の中腹。

試作は続けているけれど、
未だご紹介するほどの成果は無し。
帯状の広告を消すためだけの投稿。
もうじき窯焚きをする予定。
今度は発表出来ると嬉しいのだがね。

あけましておめでとうございます


プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR