スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拙作・絵高麗梅鉢



ume1b.png

ume1c.png

中国北方の磁州窯にて焼かれた生活雑器が、
江戸時代の茶人に平茶碗として見立てられ、
どうしたことか「絵高麗」と呼ばれました。
きっと朝鮮半島経由で海を渡って来たからでしょうね。

加津子姉が試作を続ける磁州窯黒釉搔き落としと同じものです。
なので以織も写しを作ってみた次第。
まだまだ改良の余地はありますが掲載させていただきました。
下の画像の茶碗は梅文様が白黒反転したものです。

ume2a.png


スポンサーサイト

磁州窯手試作完了か




〈加津子姉作・磁州窯手湯呑み〉
変哲もないこの試作品に実はいっぱい詰まっています。
(加津子姉も自身のブログに書いているけれど、以織としてちょっと詳しく)

「磁州窯手黒釉搔き落とし技法」と呼ぶのが正しいのかな。
鉄絵具を筆塗りした後、針で鉄絵具を剥がして描画します。
ただそれだけの表現方法なのですが、焼物だから厄介です。
幅広く削って文様を作るのなら何の問題もありません。
しかし針先で表現するほどの細い文様は焼くと消えてしまいます。
なぜなら鉄は融け易い材料だから。
昔から錆絵といって、含鉄土石を磨り潰した絵具が陶画に使われてきました。
焼くと文様の部分部分が上に掛けられた釉ガラスに滲み出して雅味を添えます。
その鉄の性質が、逆に磁州窯手の毛彫り文様を難しいものにしています。

実は5年もかかってしまいました。
行き詰まって中断せざるを得なかったのです。
けれど、全然別の焼物に手を染めたらヒントが湧きました。
画像の試作品、まだまだ改良すべき点はありますが、
どうにか基本の技法を得たと思えるのです。

古作同様、白土を化粧掛けして、その上に鉄絵具で描画します。
ところが鉄絵具を塗ってしばらくすると、
乾燥した絵具がめくれて剥がれ落ちます。
針で搔き落とす以前に問題が発生します。
ここを乗り切ると前述の鉄絵具が融けてしまうという
最大の難関が立ちはだかります。
「1100度くらいの高温素焼きをしてから施釉していた」
と言う学者さんもいますが、実際はそれでも毛彫り文様は融けます。
なら本焼き以上の高温素焼き後に施釉しようとすると、
かなり工夫した釉薬で施釉しても、
融け固まってツルツルになった鉄絵具上に釉薬がのりません。
泡を吹いて、焼くと硬いガラスのブクブクが出来ます。

そんなこんなで5年はあっという間に過ぎました。
磁州窯手は中国北方の窯です。宋時代発達しました。
もとは唐三彩を焼く窯が高温焼成陶器窯へと進化したと読みました。
黒釉搔き落としの他、色々な表現技法があって、
それが元時代の朝鮮半島侵略時に高麗に伝わり、
半島の風土の影響を受けて
日本人が大好きな李朝陶磁器へと変遷していきます。
日本に渡ったその技法は美濃の鼠志野に姿を変えたり、
京焼きの文様になったりします。
我々後世の陶工が古作の技法を真似するだけでも難しいのに、
古代の人は一体どうしてこんな表現を思いつき、
どうやって技術を磨いたのかな。
考えただけでも、ね、焼物はおもしろいでしょ。

加津子姉、今度は完成度の高い「作品」をお願いします。

「必要は母」なり。

呉須搔き落とし1

上の変哲もない画像、以織にとっては大成功なのです。

この技法「呉須絵搔き落とし」とでも呼ぶのでしょうか。
呉須で塗りつぶした後、針で表面を削り落として描画したものです。
さして珍しくもなく見えますが、画像のように焼き上がることはないのです。

恩人・仲森氏と共同で始めた呉須染付けの世界。
仲森氏は絵師役。以織は焼き役。
ところが二人して磁器は未開の分野です。
仲森氏が描いてくださった可愛らしい意匠を見て思いました。
「これは焼けない。どうすべぇ。」
でも焼いてみなければわかりません。
で、姉に仲森技法の搔き落としで描いてもらって焼いたのが次の画像です。

呉須搔き落とし2

やはり。呉須を引っ掻いて描画したはずが、
細い線はすべてつぶれてしまいました。「どうすべぇ。」

普段使いの昭和初期作かと思われる磁器小皿に、
この技法を使ったものがありました。
何枚かあるのですが、この皿の絵が一番見やすいので載せてみます。

呉須搔き落とし3

画像処理をして見やすくしてもこの程度です。
何やら山水らしき画が、
搔き落とし技法で表されているけれど、よくわかりません。
薄い呉須を使うことで、なんとか表現させたいことがうかがえます。

でもね。濃度の濃い呉須でも、搔き落としの針の線を表したいでしょう。
「必要は発明の母」とは名言ですね。
ある日ある方法を思いつきました。
「こんなにうまくいくとは思わなかった」けれどね。
ただし、これは陶器の温度域にて焼いたもの。
磁器の高温でのテストはまだです。高温ではダメかもしれません。

でもでも大成功なのです。
これは長年追いかけてきた「磁州窯手」に決着をつけてくれそうだから。
5年ほど前から、焼きは以織。絵付けは加津子姉といつもの分担をして
磁州窯手を追っかけてきました。
そして、次の画像までこぎ着けました。

磁州窯ウサギ


ほとんど成功しているみたいですが、
実は最後の一歩がわからずじまいでした。
この可愛いウサギの小皿はうまく焼けましたが,
ものすごく不安定で歩留まりが悪いのです。
コストも手間も普段焼いている陶器の倍は超えます。
1000年前の北方中国の民窯で焼かれたものとしては、
もっと低コストの焼物でなければならないはずなのに、
ずっと悩みの種でした。

でもね、今回の表現方法を手に入れたことで磁州窯手に手が届きそうです。
久しぶりに以織にはうれしいことでした。

エピソード1

(2月24日のブログにてご紹介した美しき磁州窯研究者のお話の続きです。)

昭和を代表する陶芸家・石黒宗麿氏についてはよく知りません。
木の葉目天目を再現して、天目で人間国宝になった方だそうです。
美濃陶にビックリしてこの世界に足を踏み入れた爺には、その名前しか知らない存在でした。

富山県のご出身だそうです。そして友人となった彼女もまた富山県のご出身でした。
富山県の美術館で学芸員をなさっていた彼女は、そこで石黒宗麿氏の作品に出会い、
石黒氏の「黒」に魅了されたと聞きます。
そして再び研究者の道を歩き出す時、
石黒宗麿氏を魅了した中国の「黒」のひとつである磁州窯に研究目標を定めたと、
情熱的にに語ってくださいました。

そんな彼女と文通が始まるには若干時を要しました。
なぜなら磁州窯を「やってみる」と大見得を切って彼女に宣言した爺と姉婆でしたが、
簡単に再現が進むはずはありません。
井戸茶碗の釉薬の仕組みを変化させれば可能だろうとたかをくくっていた爺でした。
爺は磁州窯の胎土&化粧土&釉薬&焼成を担当し、
姉婆は成形と黒絵付けと分業して始めました。
それも彼女と出合った翌日から。
結局、仕組みのおおよそは外れていませんでしたが、
試作するたびに困難が現れるのは井戸と同じでした。

爺なりに磁州窯の仕組みがわかりかけたところで交信を始めさせていただきました。
そして彼女から磁州窯の陶片を頂戴することになるのです。

陶術使いの爺として、陶片ほど魅力的な贈り物はありません。
歴史資料の完品を割るなどできませんが、陶片は割らずに中身が見えます。
しかし、それは爺にまた難題を突きつけたのです。

磁州窯陶片

爺のサイト「井戸の謎解き」にも関連記事を載せてあります。
爺のサイトはこちら

プロローグ

7、8メートル左先に彼女がすらっと立っていたのは知っていました。
昨年の8月1日、五島美術館は平日のせいか人もまばらで、
自由に鑑賞できる雰囲気でした。

爺がここへ来たのは大井戸茶碗「美濃」と「九重」の観察が目的で、
茶碗を凝視すると自然と視線の先に彼女をみとめることになりました。
会話を楽しんでいる風情の彼女のお相手は、
白と黒のコントラストで器いっぱいに花弁が描かれた古い中国の壺でした。
背丈をつっと伸ばした姿は、彼女と一対で凛としていました。

運が良いというべきか、彼女にとっては不運というべきか、
気立ては最高、でも、ちょっぴりおっちょこちょいの爺の姉が
その一対の間に突然割り込んだことです。
爺に向かって姉は「ねぇ、ねぇ、これ磁州窯よ。」
姉は以前から興味を持っていたようでした。
姉は爺の窯場の陶工です。絵唐津や三島が好きで、黄瀬戸の草木をやさしく彫る人です。

仕方無しに、彼女に誤りながら爺も近寄りました。
以外や彼女は爺たちの無礼をとがめることなく、
笑顔で答えてくれました。

大学院生の彼女は磁州窯について論文を執筆中といいます。
そのため、わざわざ名古屋から、この壺(梅瓶)を観るため来ていたのです。
彼女の流暢な説明を聞くうちに、爺に湧いてきたものがあります。
「井戸釉薬で培った技法なら爺にもこの磁州窯の表現は可能かもしれない」。

自己紹介を終えて我々はアドレスを交換しました。
彼女はへんてこな老人ふたりを信用してくれました。
(もっとも爺の娘夫婦の存在がそこにあったこそかもしれません。)

翌日から爺と婆の試作が始まります。
その話はおいおい。

そして彼女との文通は冬の到来まで待つことになります。

                        つづく

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。