スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近頃わたし

撮影してもしょうもないので文章だけで、失礼です。

近頃、以織はサクイ土にはまっています。
粘りも無ければ、腰も無い。
やっとこさロクロが引ける土がお気に入りです。
なだめなだめてロクロを引きますが、
腰が無いので、短い時間処理です。
もっとも、どんな土も三回で引き上げて、後はへらで整えるだけ。
いつもと変わらないのですが、ここまでサクイと難儀します。

茶碗形という最もベーシックなロクロ引き。
しかし、これほど難しいロクロ引きはありません。
なので惹かれるわけなんだ。

焼物は焼き上げてなんぼの世界。
扱い易い土が果たして良い焼き上がりかと言えば、まずはダメ。
扱いにくい土の方が焼き上がりは往々良い。
しかしながら、この土はなんだ。
期待していたのに、テスト焼きの結果が悪い。
けど、カイラギはいいんだよな。
釉薬の濃度を再調整だ。

まあ、いつもこんな感じ。
小さなテスト窯も窯焚きと数えたら
年間120日は焼いている。
いつも、どこかの窯に火が入っている感じの以織窯。
焼き上げる数は半端でないが、作品としてチョイスできるのは僅か。
という事は、いつまでたっても下手なわけです。

でもね、もっともっと良き物を見たいと思いませんか。
だから、いつだってレシピを変えます。
留まっているのは性にあいません。
まあ、いつも「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですがね。

                   鄙爺・以織
スポンサーサイト
プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。