とほほほ、斗々屋。

椎茸高台2_1

まだだった。鉄分不足です。

李朝の茶碗に斗々屋という一群があります。
そのなかで、ひときわ異彩を放つ「綵雲」。
綵雲の高台はそれはそれは見事な椎茸(縮緬)高台です。

再現したくなるじゃないですか。
しかし、そう簡単には窯神様からお許しはでません。
今日窯出ししたテスト焼きです。
色が薄すぎ。もう少し艶も欲しい。

こうして、まままた時間を取られていくのです。

椎茸高台2_2

スポンサーサイト
プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR