生椎茸2

生椎茸2

今度はどうだべ。

焼いてみないと色はわかりません。

          じじ以織
スポンサーサイト

呉器げんよう。

7月窯出し呉器1
7月窯出し呉器2


今夜、窯出ししたばかりの呉器茶碗です。
facebookにも掲載しました。
この呉器茶碗の特徴は削り高台ではないというところです。

五月に京都・真葛窯の宮川真一さんが来訪された時の
宮川さんと以織との焼物談義に発します。
お若いのに名碗を数々実見されている宮川さん曰く、
「呉器茶碗の高台には削り高台でないものがある」と。
そこで二人で推論をしました。

今月の井戸窯を焼くにあたって、それを思い出したのです。
以織は通常、それぞれの土と釉薬づくりからはじめるのですが、
思い立ったことを、すぐテストしたいので井戸の土で作りました。
で、この呉器茶碗は削り高台ではないので、
カイラギになることはないだろうし、
近頃の以織の井戸焼きは呉器の色にも似ているので、
これはうってつけと。

ただし、こんなに呉器呉器してくれるとは思いませんでした。
ごきげんな偶然もあるのですね。

失敗の原因は?

なんとも奇特な方がいらしたものです。
ご自身のブログにて以織のことを紹介してくださいました。
ブログネーム「こくう」様、本当にありがとうございました。

で思ったのです、以織の真実をお伝えしておかねばと。
けしって才ある人間でなく、
ただただコツコツの積み重ねに過ぎないことを。

6月22日の当ブログにて、
椎茸高台をした斗々屋茶碗にトライしていることを記しました。
下の画像がそれです。色も薄すぎ、艶もないとご紹介しました。

椎茸高台2_1

この結果を受けて、以織はすぐ次の試みをしました。
以下3点は成分比を変えた土で焼きました。

test_2
test_3
test_4

結果を受けた以織はテスト品のあまりの色調にがっかりしました。
そして、放り出しました。
「失敗。ダメだ。」この材料では無理と思ったのでした。

「こくう」さんからお褒めいただいて、なぜかこの3点を思い出しました。
そして、何が失敗か気付きました。
失敗原因は自分です。以織自身の判断です。

成分比を変えてテストしたのだから、
材料は自然の摂理に従って表情を出しているのです。
「窯の神様はいつも微笑んでくれていて、正直に答えを出してくれる」と、
いつもカッコつけて書いているのは以織です。
なのに、予想外の結果に「失敗」と判断しました。
そして、「この材料は使えない」と材料のせいにしたのです。

「失敗」は客観的判断力欠いた以織自身です。
試作品は失敗作でなく、自然の結果であり常に「成功作」なのです。
おろかな以織でした。

「こくう」様のお蔭で、
もう一度トライすべきと気付きました。
成分比を決めた以織の決定がこうさせたのだから、
なーんだ、成分比を見直せば済むことかもしれません。
充分なテストもしないで早急な結論を出してならないと、
あらためて知らされました。

「こくう」様、ありがとう。

コツコツの積み重ねでしか結果を出せない凡人・以織です。


更新さぼっていましたが。

太音トルコ

〈孫はいまトルコなのです〉

忙しくって忙しくって。
井戸の釉薬掛け。本日終了。
焼成2週間に入ります。
焼成期間は色々込みで15日ほどかかるので「焼成2週間」。
井戸に平行して姉の黄瀬戸、それに甥の技術指導用の試焼き。
加えて以織のお遊び焼きがあります。
遊びと言わず本当は(エッヘン!)
「新作への手がかり」と呼んで欲しい。
そうだった。宮川氏青井戸茶碗の焼成も控えています。
うーん、どうなるべぇ。

梅雨が開けたら土づくりもしなくては。
肝心の土も底をついたしな。
以織窯の土は自家製ブレンドなので、結構重労働です。
とくに井戸用の土は手間がかかります。
原土を天日干しして乾燥させてから粉砕します。
その半分は窯に入れて1000度くらいで焼きます。
こうしないと縮み率が大きいので、
ロクロを引いたあと、ヒビが入ってしまうからです。

時間の経つのが速すぎる。もう7月半ばなんて。
ともかくガンバルべぇ。他に方法ないし。

久方ぶりのブログは以織の愚痴でした。

「ぱなし」陶工

生カイラギ

以織は「サクイ」を通り越してボソボソの土が好きです。
その土でやっとこさロクロを「引きっぱなし」。

生乾きになったら、高台を削りますが、
それも「削りっぱなし」。

だから釉薬も「掛けっぱなし」。
でも画像のような生カイラギが出てくれます。

で、焼成はもちろん「焼きっぱなし」。
焼いた後、景色を付けることなんてしません。
焼けば景色が出るので。

面倒くさがりの陶工・以織の作陶術です。
プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR