失敗の原因は?

なんとも奇特な方がいらしたものです。
ご自身のブログにて以織のことを紹介してくださいました。
ブログネーム「こくう」様、本当にありがとうございました。

で思ったのです、以織の真実をお伝えしておかねばと。
けしって才ある人間でなく、
ただただコツコツの積み重ねに過ぎないことを。

6月22日の当ブログにて、
椎茸高台をした斗々屋茶碗にトライしていることを記しました。
下の画像がそれです。色も薄すぎ、艶もないとご紹介しました。

椎茸高台2_1

この結果を受けて、以織はすぐ次の試みをしました。
以下3点は成分比を変えた土で焼きました。

test_2
test_3
test_4

結果を受けた以織はテスト品のあまりの色調にがっかりしました。
そして、放り出しました。
「失敗。ダメだ。」この材料では無理と思ったのでした。

「こくう」さんからお褒めいただいて、なぜかこの3点を思い出しました。
そして、何が失敗か気付きました。
失敗原因は自分です。以織自身の判断です。

成分比を変えてテストしたのだから、
材料は自然の摂理に従って表情を出しているのです。
「窯の神様はいつも微笑んでくれていて、正直に答えを出してくれる」と、
いつもカッコつけて書いているのは以織です。
なのに、予想外の結果に「失敗」と判断しました。
そして、「この材料は使えない」と材料のせいにしたのです。

「失敗」は客観的判断力欠いた以織自身です。
試作品は失敗作でなく、自然の結果であり常に「成功作」なのです。
おろかな以織でした。

「こくう」様のお蔭で、
もう一度トライすべきと気付きました。
成分比を決めた以織の決定がこうさせたのだから、
なーんだ、成分比を見直せば済むことかもしれません。
充分なテストもしないで早急な結論を出してならないと、
あらためて知らされました。

「こくう」様、ありがとう。

コツコツの積み重ねでしか結果を出せない凡人・以織です。


スポンサーサイト
プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR