揉み揉み(前回からの続き)

粘らない井戸素地土に挑戦です。
20年も前から幾度か挑んできた記憶があります。
そして、いつもここで断念をしていました。
こことは下の写真です。


土揉み1



土の水分を均一にした後、
空気を抜くために菊練りという作業に入ります。
例えば信楽土のような小石混じりのザラザラした土は意外に揉めます。
空気が抜けるのもはやいし、少しぐらい空気が入っていても平気です。
ところが、この土ときたら菊練りをすると大きく割れていきます。
割れないようにおとなしく揉むと、一見きれいにまとまりますが、
ロクロに据えると、さあ大変、
芯に空洞がつながって、ロクロ引きは不可能です。
なので、これほど粘らない土は、ここで断念してきたのでした。

しかし今回は諦めるわけにはいきません。
そこで割れても割れても上下を替えて練ってみました。
すると、練りに反比例して割れが小さくなっていくのです。
そして、ついにまとまりました。

土揉み2


素地土中の空気がほとんど抜けたということでしょう。
「いつまで練るの?」の質問に「土が答えてくれる」と言った
昔の陶工の話は本当なのですね。

さてロクロ引きです。
以織のロクロ引きは器体が大きくても小さくても基本は同じ。
3回にて引き上げて、内側の指跡をヘラで消します。
そして高麗茶碗引きでは次の作業が大切です。
通常、仕上げ削りをする腰部にヘラをあて、
あまった土を伸ばしてしまいます。
この作業で器体の一部が膨れたり、歪んだりします。
が、これこそが高麗茶碗のロクロの特徴です。
次に続く仕上げ作業の手数を減らすための技なのです。

そして、この粘らない素地土も上記の作業に応じてくれたのです。

水引き


まだまだ不慣れな土ですが、大井戸茶碗も引けました。

続いて仕上げの高台削りです。
ほら、前回お話した椎茸高台が自然と生まれてくるでしょう。
これならよさそうなカイラギを望めそうです。

高台削り1
高台削り2



でもね、こうした難しい土でロクロを引く最も大切な理由は
他にある気がします。
それは「ままならない」ということ。
どうにか引き上げることが精一杯で、「ああしよう、こうしよう」なんて
余分な作為の入り込む隙間が無いということです。


スポンサーサイト
プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR