ただ今、困惑中


after_1.png
before.png

facebookにも同じ記事を載せました。

ただ今、困惑中です。
画像の茶碗のサイズは径10センチほどなので、
実際はもう少し静かな感じです。
この茶碗、釉薬が薄かったせいで、ひどく焼き過ぎ感がありました。
「失敗作だけれども使ってみるか」ということで、
一ヶ月ほど、これで煎茶(所謂・日本茶)を飲みました。
水に浸してから使用するなどということはせず、
そのまま乱暴に使いました。
釉ガラスが薄いせいでしょうか。乱暴な使用のせいでしょうか。
景色ははやくもご覧の通りです。

で、疑問が湧きました。
たしかに焼き過ぎ気味の肌をしていますが、
見込み側など魅力的な変化です。
何となれば伝世している名碗達の
うぶな姿は如何なものだったのか?
うーん。難しい。
これだから焼物は難しい。

使用前も使用後も魅力的な肌に焼き上げねばならぬのが
現代陶工の悩みなのです。

一番目と二番目の画像の茶碗は同じものです。
三番目は未使用の焼き過ぎ気味の茶碗です。
スポンサーサイト
プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR