目跡



たかだか、こんなことで陶工は喜びます。
昔の陶器には見込みに「目跡」が残るものが多いです。
目跡とは、実は重ね焼きをした跡でして、
現代のように便利な窯道具がなかった時代、
焼物は耐火土で作った「メ」と呼ばれる土団子を、
高台に付けて重ね焼きしたものでした。

重ねられた方の器には釉薬が塗ってありますので、
当然、その土団子は焼き上がるとくっつきます。
なので、「メ」にはくっついても剥がれ易い、
耐火度の高い土を使うことが基本です。

ただ、古作の見込みに残る目跡は現代のものと違って、
なにやら砂粒みたいな大きさをして、
いかにも焼成後、剥がれ易いように見えるのです。

なので色々工夫してきました。
でも決定打が見つからなかったのでした。
書物を読むとチャートと呼ばれる堅い石を
砕いて使用したと記されていますが、
昔の民窯陶工が、手間のかかる仕事をするはずもなく、
きっと日頃の作業で出てしまう廃棄物を、
上手に再利用しているに違いないと踏んでいました。

しかし、どうもうまくいっていませんでした。
けど、どうにか画像のようにいきました。
ずいぶんと拡大した画像です。
砂粒のように土がくっついているのがお判りでしょう。
左側は焼成後、重ねた器を剥がしたまま。
それを削り取ると右側になります。

こんな小さな発見が実に嬉しいのです。
僅かな進歩ですが、古作陶工の合理的陶術に近づけると、
正直、嬉しいのです。
スポンサーサイト
プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR