心が春に(徳壽様からの贈物)



大徳寺525世、孤蓬庵・小堀卓巌和尚様の筆による
「柳緑 花紅」です。
敬愛する和尚様。以織の大恩人であられる和尚様。
この方なしに以織の井戸は存在しなかった和尚様。

それをご存知の東京西荻、伊勢屋美術の猪鼻徳壽さまが
お贈りくださったのが画像の卓巌和尚様の色紙です。
それも3通も。
その上、鄙陶人・以織の生活をおもんばかって
色紙掛けまで揃えてくださるお心遣い。

徳さん(猪鼻さんをそう呼んでいますが)
「徳さんのお蔭で以織の心に春が来たよ」
「徳さん、ありがとう」

此処のところ、体調不良が重く感じていましたが,
俄然やる気が湧いてきました。
不思議なことに、袋小路に悩んでいた試作に兆しが。

猪鼻様、本当にありがとうございます。




スポンサーサイト

爺のカクラン

佐藤大雄様・美樹奥様のお蔭で
いまこうしてブログを綴れています。
お二人に感謝を捧げて。

12日、北九州市からやって来てくださった
佐藤様ご夫妻と歓談中、
突然激しい頭痛に襲われ意識混濁。
美樹奥様のお手配にて救急搬送されました。

いままで記憶が抜けるという経験はありませんでした。
もちろん全身麻酔は別として。
痛みや苦しさに耐える馬鹿馬鹿しい矜持を
内心ほくそ笑んでいたきらいがありました。
なのに、そんな矜持はどこへやら。
救急車のストレッチャーから
病院のそれへ移されるまでしか記憶がありません。
目覚めたら点滴管につながれてベットの上でした。
CTスキャンもレントゲンの結果も脳に異常はないそうです。
ところが、そうした検査をした記憶がありません。
検査中はおしゃべりしていたというのに。

2年前、尿閉を経験して前立腺肥大と診断され、
以来、治療薬を服用しています。
今回のことで知ったのですが、排尿後血圧が突発的に上がるのです。
12日はそれが爆発的に訪れたらしく240超えの高血圧になっていました。
それが記憶の抜けた原因なのでしょう。

けどね、すごく楽しくも思えています。
カッコつけていたって、いざとなれば気絶出来る。
堪え難いと記憶も無くなる。
うまい具合にプログラムされているものだ。
ようやく爺になれた。
肩の荷が軽減した感があります。

皆様、くれぐれ、お体ご自愛のほど。


実験窯が大破損



もう30年以上、焼物に携わっているのにこの始末。
アホな爺をお笑いください。

大切な実験用の窯を壊しました。
修理にずいぶん時間がかかるだろうなぁ。
焼成中、沸騰した釉種が窯内に飛散して、
そればかりか大量に流れ出し、
床は釉ガラスで覆われました。
ヒーター線もガラスに覆われて交換せねばダメ。

今年に入ってから壊した窯は2台目になります。

こうまでしても知りたいことがあります。
手持ちの資料にもネットにも答えがありませんでした。
なので実行あるのみ。
しかし、この釉種を何度で焼いたらいいのかわからない。
前回は生焼け、今回は焼き過ぎ。
こうして失敗を続けるより答えは出ません。

「因果な商売だなぁ、焼物屋」

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR