拙作・絵高麗梅鉢



ume1b.png

ume1c.png

中国北方の磁州窯にて焼かれた生活雑器が、
江戸時代の茶人に平茶碗として見立てられ、
どうしたことか「絵高麗」と呼ばれました。
きっと朝鮮半島経由で海を渡って来たからでしょうね。

加津子姉が試作を続ける磁州窯黒釉搔き落としと同じものです。
なので以織も写しを作ってみた次第。
まだまだ改良の余地はありますが掲載させていただきました。
下の画像の茶碗は梅文様が白黒反転したものです。

ume2a.png


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR