残念な結果



ご注文をいただいていたのに、申し分けない。
窯出ししたばかりの井戸小服茶碗です。
5ヶ月ぶりの井戸窯焚きのせいとしても「?」。

いやぁ、一碗一碗は面白いのだけれど、
作品としてお渡しするのは「?」。
なので、お待ちいただくことにしました。

次の画像も同じく「?」仕上がりなのですが、
こちらは決定的間違い。サイズが違うのです。
右に写る茶碗がご注文いただいたサイズ。
なのに、焼き上がったのは一回り以上小さかったのです。

yunomi2.png

井戸の素地土は焼くと2割も縮みます。
焼物用の土は、通常1.5割までの縮みが限度とされています。
けれど、井戸の土は2割も縮んで平気です。
とはいえ、ロクロ引きの時、勘が狂ってしまいます。
考えられないほど大きく作らないと、狙ったサイズになりません。
計算をすべきなのに、以織は奢って、勘に頼ってしまったのです。
で、結果は、ご覧の通り。
やはり物差しに頼る必要もありますね。

ご注文いただいた方々に重ねてお詫びいたします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR