霊界通信



女房の母親が他界してから5年が経つが、
いまだに我が娘たちへ霊界通信がある。

先日、遠くに住む末娘から電話があって、
「おばあちゃんが、以織の具合はどんなもんだ」
と、聞いてきたという。
で、娘は父親の体を心配して連絡をくれたわけだ。
「あそこと、あそこと、ここと、あっちと、まあほどほど悪い」
と娘に伝える。すると、夢の中のおばあちゃんが
「山楂子(サンザシ)を食べろ」と、さかんに言っていたという。

調べてみたら、山査子は健康食品にて血管拡張の効能もあるそう。
おう、これなら動脈硬化の以織に合いそうだ。
というわけにて、ネットで早速取り寄せてみた。

山査子の実を反練り状に加工した食品。
そのまんまの乾燥品は見つからなかった。
加糖のせいか甘酸っぱい。お菓子だな。
まあ、しばらく食べてみようではないか。
ここんとこ健康食が続いている以織です。

ちなみに、娘は山査子を知らなかった。
ね、霊界通信でしょう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR