うーん。



部屋に対面する谷に立つ柿の木が切られた。
渋柿だった。
秦野には渋柿が多い。
昔、柿渋を採った名残なのだろう。
どこに切る必要があったのだろうか。
春先まで野鳥の貴重な食料だったのに。

大幅に画像処理を施したけれど、
目をつむって思い出すと、こんな風に見える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR