今年は春から

縁起が良いのはどなたにとってもうれしい話です。
さて、下の写真が爺にも良い縁起の兆しならうれしいです。
井戸茶碗(新化粧)
昨年暮れに井戸焼き用の化粧土を作ろうと新しい袋を口切したところ、
まるっきり別物が入っていました。
材料屋さんの単なる間違いならよいのですが。
かかる事態はままありまして、次回注文しても同じものが送られてくる可能性があります。
ブランド名が同じでも内容が違ってしまうのです。
焼物はやはり生ものですね。

でしかたなく、代用の生ものに替えて焼物にしたのが写真の釉肌です。

いままでのものより滑らかな焼き上がり。
化粧土のほんの一部の成分が違っただけなのにです。
で、次回よりこの土を使った化粧土で井戸茶碗を焼きます。

材料との出会いは、こうした「縁」によることが多いです。

皆々様にとっても爺にとっても「良縁」に恵まれた今年でありますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR