伊香保夢二記念館


ほとんど遠出をしない以織ですが、2月27日は群馬県伊香保にいました。
いえいえけっして温泉へやって来たわけではありません。
伊香保にある竹久夢二記念館にいたのです。
なぜかわからないまま館長様からお招きをうけたからです。
昨年暮れ西荻・伊勢屋美術「壽庵」にて開催の拙作個展へ、
わざわざ足を運んでくださった館長様でした。
そして、この日があるのです。
この写真の後、二日間にわたり以織は直々にご指導いただくことになります。

それにしてもなんという規模のコレクション。
夢二作品だけでなく、夢二時代の美しき美しき日欧の生活用品が展示されています。
展示の方法はユニークで観る側の心情に配慮した工夫が楽しいのです。
ただ観せるだけでなく係の方々が説明をしてくださります。
「うーん、なるほど」。
具体的にはわざと書きません。体験なさってくださいな。
伊香保って思ったより便利です。
関越自動車道「渋川伊香保」インターより10キロ。
北関東の景観がグワッときます。奇観というべきかな。

大雪の残骸が伊香保もうず高く道路脇に積まれていましたが、
館長さんのお人柄に触れて、以織涙して帰路につきました。

それにしても信じられないほどコロコロ爺の以織の後ろ姿です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR