千種伊羅保のこと


上の画像は拙作・千種伊羅保茶碗です。
江戸時代、日本の茶人の注文によって伊羅保茶碗は生まれたんですって。
ひと昔前の陶芸書には、伊羅保は李朝固有の焼物のごとく記されています。
しかし焼かれた場所こそ朝鮮王国ですが、純然たる和好みのものです。
そんな伊羅保のカテゴリーの中に、片身替わり伊羅保というのがありまして、
字のごとく(画像のごとく)2種類の釉薬を掛け分けしたものです。
その片身替わりのなかでも、一番古いのが千種(ちぐさ)伊羅保です。
千種伊羅保の特徴は伊羅保釉という灰釉系の釉薬が半分、
そしてもう半分に井戸釉薬が掛かることです。
千種伊羅保は二碗しか伝世していませんが、その後に続く
片身替わり伊羅保には井戸釉でなく長石釉が使われます。
以織は井戸茶碗から出発したので、焼くのは千種伊羅保というわけです。
それにしても2釉を掛け分け、見込みに伸びやかに白刷毛目を廻らすなんて、
なんと大胆な意匠でしょう。
織部から遠州の時代にかけての注文だそうですから、
この意匠も時代の息吹です。
以織井戸サイトの作品考に関連記事を載せました。
Shopにも詳細画像をアップしております。
お時間がございましたら、ご覧くださいな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR