風邪引いて寝んね。



昨日は朝から熱が出ていて、やっとこさ窯詰めをした。
16歳だったと思う。扁桃腺を切除した。
腎盂炎を患ったあと、再発防止には扁桃腺の切除がいいと。
今では考えられない事が信じられていた時代なんだよ。
麻酔の効かない体質でね、扁桃腺は2個あるから、2度えらく痛かった。

ともかく、ここ数日の眠気と衰弱は風邪のせいだったらしい。
38度近くになると、熱と気付くのだけれど、
実は、扁桃腺を切除してしまうと熱が上がらない。
扁桃腺が炎症して発熱する事で、
菌の体内への侵入を防ぐのだそう。
扁桃腺の無い小生には防護柵がないわけだ。
で、体温計の表示より実際は1度位高い症状なんだって。
それだけ体はきついわけだ。

昨夜は汗のかき通し。女房にはすまない。
今日は晴れたから良かったが、洗濯物の大山ができた。
おかげで、平熱に下がってね。窯に点火ができた次第。

分かりにくいでしょうが、上の画像はテレビ画面を撮ったもの。
外の窯場からケーブルをひっぱって、窯の温度を確認している。
チープな防犯カメラなのだけれど、これが実に役に立つ。
老人の窯焚きには最適だ。

朝の7時に点火して現在午後8時前で、この温度。
あと4時間ぐらいしたら還元炎にする。
終わるのはあさっての夜。まだまる二日あるわけだ。

もうそろそろ結果を出さねばならない頃だ。
気難し屋の井戸釉さんだもので、
相性の良い相手(土)を見つけるのが大変なんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR