もう一ヶ月経っていたのですか。

ごめんなさい。更新を怠っていました。

井戸茶碗の焼成はやっと最後の段階です。
いいものが焼ければ、今月中にご紹介できるかもしれません。
実は、焼成の途中で気に入らなくなり、ロクロ引きからやり直していました。
釉薬濃度がちょっぴり薄かったからです。
それでなくても歩留まりの悪い井戸茶碗です。
よりたくさん作るという非効率の方法が、一番効率的な方法です。

うれしいことがありました。
数日前、大阪のサイト読者の方からメールがあったのです。
とても熱心な方で、ご質問の深さに脱帽しました。
的を得たお答えが出来たとは思いません。
勉強不足を露呈してしまいましたが、
答えを書いている時間がとても楽しかったです。

七年間、山篭りのような井戸試作でした。
ほとんど家人としか口をきかない毎日だったのです。
皆様のおかげで、少しづつ社会に慣れていけそうです。
還暦過ぎの爺の社会復帰を
あつかましくも、どうか支えてくださいな。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR