個展開催日が決まりました。

h26新作大井戸


今年の拙作個展が決まりました。
会場がふたつあります。
東京・西荻・伊勢屋美術「ギャラリー壽庵」さんが
11月29日㈯〜12月7日㈰までです。
同じく西荻・御茶道具「眞泉堂」さんが
12月4日㈭〜12月7日㈰までで
終了日は、どちらの会場も同じです。

実は今年は以織個展というよりは
以織窯作品展です。
以織は井戸、呉器、堅手、etcと高麗茶碗を焼きました。
姉の小宮加津子は黄瀬戸を製作。
安南手の絵付けを担当したのも加津子です。
もうひとつサプライズを用意いたしましたが
そちらは後ほどご紹介いたします。

上の画像は新作の大井戸茶碗です。
カイラギもご覧の通りです。

h26新作大井戸カイラギ

釉薬を掛けるだけなのですが、
高台削りの案配によってカイラギは変化します。
なので高台削りは、面白い作業です。
それも素地土の性格で変化するのです。
組み合わせは無限なので、悩めるところですが、
近頃、カオリン原土一種類に絞られてきました。

焼きたての井戸茶碗の肌は画像のように静かなものですが、
使用すると表情を変えてきます。
下の写真はお茶好きな以織が
毎食時前後にひと月ほど日本茶を飲んだ結果を撮影したものです。
井戸特有の魚子貫入が明らかにになってきました。

使用後の井戸肌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iorijiji

Author:iorijiji
井戸茶碗陶術遣い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR